先生と生徒

進学校を決める時はオープンキャンパスへ参加しよう

理工系大学への進学

男性

進学したいと思える理工系の大学が見つからないと困っているなら、通常とは違った視点で進学情報を提供してくれるエフラボを利用しましょう。こちらは、各大学がおこなっている研究内容を紹介していますので、興味がある研究を見つけることができれば、進学先も決定できます。

どんな大学かを調べる

大学生

自分の目で確かめる

大学に進学をして勉強したい場合にはどんなことが研究できるのかを事前に確認した上で志望校を決めることが大切です。たとえば、単純に『工学部』と言ってもその中にどんな学科があるのかは大学ごとに変わります。とある学校にはない学科がほかの学校にはあるというケースは決して珍しいことではなく、むしろほぼすべての大学で見られると言っていいです。もし自分がその大学に入学したとして、そこで何を学べるのかはそれぞれが開設しているウェブサイトから確認できます。具体的な研究内容から始まり、一年間を通してどのような活動をしているのかに至るまで、事細かく情報を集められます。ただ、すでに専門的な知識を持ち合わせている人ならまだしも、ほとんどの人がざっくりと理解している段階であることを踏まえると、実際にオープンキャンパスに参加をして自分の目で内容を確かめた方が確実です。オープンキャンパスは各大学が毎年数回行っている企画で、一部を除いては無料かつ予約なしで参加できるので積極的に参加をしてみる価値はあります。

日程のまとめページを見る

このオープンキャンパスに参加をするメリットは身体を通して学問に触れられる部分です。大学で学ぶ学問は将来的に学者を目指している人たちのためにあるものなので、説明書きを作ろうとしてもどうしても固めの文章になってしまいます。ところが、実際に研究をしている人たちに手取り足取り丁寧に説明をしてもらえればすんなりと理解ができて頭にも入ってきます。オープンキャンパスの日程は各々のホームページに行くか、あるいは広報課に電話で問い合わせれば簡単に分かります。自分が行きたいと考えているところがひとつかふたつに限定されているならそれでもいいですが、候補がまだまだ複数ある時にこの方法はあまり効率的ではなく、そんなケースではオープンキャンパスの開催日をまとめているページを見てみることをおすすめします。すると、自分の志望校のオープンキャンパスと同日あるいは近い日に別の大学でもオープンキャンパスをしていることも分かり、そのきっかけが思いがけない方向に自分の運命を導いてくれる可能性も大いに考えられます。

中学の受験に必要なこと

勉強する男の子

中学受験には特別な学習指導が必要なことから、名古屋では多くの学習塾があります。大手の集団授業によるものや、個別指導塾が主なものとなります、それぞれに目指すものが違うので、生徒に合ったものを選ぶことが大切です。

志望校に受かるため

英語

予備校で英語を学習するときには、一人一人の学力に合ったコースを選び、定期テストや入試に向けて勉強をするべきです。リスニングや今まで以上に長い英文の読解が最近の出題傾向の特徴であり、速読力や単語力を早めに高めるのがポイントです。