志望校に受かるため|進学校を決める時はオープンキャンパスへ参加しよう
女生徒

進学校を決める時はオープンキャンパスへ参加しよう

志望校に受かるため

英語

文系や理系の種類を問わずに、英語を必須の受験科目とする大学が中心であり、高校入学直後から予備校で学習する人も多いです。上位校や中堅校などによって学力の差が大きいので、一人一人のレベルに合わせて最も学習しやすいコースを選ぶのが理想的です。特に現役高校生を専門に指導する予備校の場合には、高校別のカリキュラムで英語の指導が受けられるのが魅力的です。学校別の指導が受けられる予備校に通うことで、中間テストや期末テストに向けた対策も十分に行えるでしょう。一方で難関大学を志望する場合に役立つのは、学部別の出題傾向を踏まえた、独自カリキュラムのコースです。入試の傾向に合わせてイディオムや長文読解の指導も受けられるコースであれば、短期間で学力を高めることも可能です。

推薦入試を最大限に活用したいと考えるのが、大学を目指している高校生に顕著な傾向であり、早期の成績アップの対策が不可欠です。また入試の多様化も進んでいるので、入学試験のタイプに合わせて、英語や小論文の指導も予備校で徹底的に受けるべきです。とりわけ最近の大学入試ではリスニングを重視する傾向が顕著であり、予備校と家庭学習の連携が志望校合格のカギです。今までよりも長い英文を読む問題が出題される傾向も強まっており、英語の授業でも速読の訓練を受けるのが賢い戦略です。スピーディーに英文を読みこなしてその内容を理解する場合には、読解力アップに必要な単語力と熟語力の充実が大きなテーマです。出題頻度の高い英単語やイディオムを早期にマスターすることで、ワンランク上の志望校にも合格できるでしょう。